ビューティー

インプラント
インプラントの種類

インプラントの種類インプラントは、さまざまな世代から効果的な治療法として大きな注目を浴びており、話題となっています。
そんなインプラントにはいくつかの種類がありますので、ご紹介したいと思います。

インプラントの材料については世界中のメーカーが製造していますが、メーカー数よりもさらにたくさんの種類がインプラントにはあるのです。最近の傾向では、純チタン製のインプラントが多く出回っているようです。骨の組織と馴染みやすいということで数多く使用されています。
また、インプラントの形状によっても種類分けされています。たとえばねじを切った形のスクリュータイプ、先端が細いタイプ、先端まで同じ太さのストレートタイプなどです。また、ネジの無いタイプで円筒形のものもあります。こちらはシリンダータイプと呼ばれており、取り付けが簡単な分固定されにくいため2度にわたって手術を行わなければならないそうです。

スクリュータイプには改善されたタイプのものもあり、それをバスケットタイプと呼んでいます。ネジ部分に空洞があり、骨とインプラントの結合性をさらに高められるように設計されています。しかしこのタイプにも問題点があり、空洞部分が強度不足であるためにあまり使用されないそうです。
そして最後になりますが、ブレードタイプと呼ばれているものもあります。こちらは板状のインプラントです。
骨の幅が狭い部分に使用されるのですが、現在はほとんど使用される機会がないそうです。
手術の回数は1回~2回、どちらになるかは患者の状態によって変わるのですが、やはり歯科医に相談して判断してもらうというのが重要です。
複数の歯科医に相談してみると、比較できて良いと言われています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社